少し前に「断捨離」と言う言葉が流行りました。この断捨離とは、家にある余分な物を処分して身の回りを整えると言う意味です。

お掃除好きな人には魅力的な言葉に聞こえますが、片付けが苦手な人は断捨離と聞いても重い腰が持ち上がらないでしょう。メリット・デメリットはもちろんあります。メリットとしてはやはり部屋が綺麗に片付く事です。余分な物を捨てると言う行為は人によっては勇気がいる行為かもしれません。

でもいつまでも使わない物や、いつか使うかもしれないと取って置いた物達。いつか使うは永遠に来ないかもしれません。ずっとしまい込んでいる方が可哀そうです。捨てる事は気持ちの切り替えができます。初めは捨てるのを渋っていても、捨て出すと一気にエンジンがかかる事があります。着ない服・使っていない食器・アルバムの整理。回りを見渡すとなんだかどれも色あせて見え、捨ててスッキリしたくなってくるのです。

断捨離後は随分と気分が変わるでしょう。自分がどんなに余計な物やストレスに縛られていたか気づく事ができます。しかし逆にデメリットがある事も頭に入れておきましょう。どんどん捨てているといつの間にか捨てすぎてしまう事があります。断捨離ハイとでも言いましょうか、気分が乗って必要な物もいらないんじゃないかと思ってしまうのです。

さらに自分以外の家族の持ち物にも手を付けたくなってしまう事も。捨てるのが快感になってきても、必要な物と家族の物の線引きは絶対に必要です。捨ててしばらくしてからやっぱり必要だったと思っても、捨てた物は帰って来ません。捨てた後に後悔してからでは遅いのです。断捨離にはメリット・デメリットがある事を注意してやりすぎないのが成功のポイントです。

でも身の回りの整理は心にもとても良い影響があります。最近うまくいかない方はまず入らない物の整理から初めてください。余分な物をそぎ落とすと、きっと違った景色が見えてきます。