断捨離という言葉がすっかり定着している現在ですが、部屋の片付けをしなくてはいけないと思いながら、なかなか断捨離できずにいる人も多いのではないでしょうか。整理ができずに、全てを保管したままではいつまでたっても部屋はきれいになりません。

かといって、断捨離の精神に流されるように何もかもを捨て去るわけにもいきません。思い出の詰まった物は、やはり捨てられません。たとえ部屋が片付かなくても、手元に残しておきたいと思うものです。

家の中のスペースには、当然限りがあります。必要な家具を配置し、リラックスできる空間を確保したら、おのずと収納スペースは決まってしまいます。限られたスペースで、どのように収納すれば無駄をなくせるのか、日々頭を悩ませている人もいるでしょう。家のスペースに限界がきてしまったら、他の場所に新しい収納スペースを追加するという発想はどうでしょうか。家の中で保管できないのなら、家の外に保管するしかありません。
 
そこで、各社よりレンタル収納スペースが提案されています。家の外に物を保管するスペースを提供してもらうことです。収納スペースがマンションの一室のような部屋だったり、屋外のコンテナだったりと様々です。トランクルームとレンタル収納スペースを混同されることがありますが、トランクルームは原則として倉庫管理業者が請け負っています。反対にレンタル収納スペースは、収納スペースを借り主が荷物管理を行うことが一般的です。
 
借り主は収納スペースへ自由に出入りできるのが一般的ですが、防犯セキュリティや保険の有無は各社それぞれ異なっています。数多くのレンタル収納スペースがありますので、レンタルを考える場合、各社の比較検討が重要でしょう。