レンタル収納スペースとはオフィスや家庭内に収納できない荷物を収納できる巨大なトランクを月極で貸してくれるサービスのことです。最近では災害時の備蓄に利用するケースも増えています。

自身の荷物を屋外に出すことに最初はセキュリティの面から心配になると思いますが、最近では防犯カメラや本人認証システムを導入している収納スペースも増えています。

また信頼できる場所に荷物を収納したいという人には、契約前にレンタル収納スペースを見学してじっくりと考えてから契約をすることもできます。トランクの場所は、駅周辺が多く、24時間営業している場所も多いため、自分の都合に合わせて利用することができます。

とは言え、夏季には冬物衣料、羽毛布団、冬季には夏物衣料や水着など量が多くて個人ではトランクまで運搬できそうもない場合は専門のスタッフがトランクまでの運搬やトランクから自宅までの発送を執り行っています。また、温度・湿度の徹底的な管理や防雨対策も整備されているため品質管理が難しい荷物でも収納できます。しかし、利用する際には注意が必要です。

例えば、おもちゃやコレクションなどの小さな荷物は100円ショップなどで販売しているピルケースなどに細かく分類してから段ボールにまとめることが適切です。書籍や衣服などはシミや劣化の恐れがあるため、空調設備を兼ね備えたレンタル収納スペースで管理する必要があります。また、トランクに収納できないものもあるため利用する際には確認しましょう。

貴重品、食品、生物はそれぞれ、盗難、腐敗と異臭の原因のトラブルになるため収納することはできません。そして何よりも重要なことは、荷物の量と使用頻度を考慮してトランクやスペースのサイズや契約期間を決定することです。